フルートアンサンブルをしながら思うのは

フルートアンサンブルをしながら思うのは、もっと周りを聴いて演奏出来るようにしないといけません。どうしても自分の演奏や自分のフルートの音だけに意識がいってしまって、うまくフルートを演奏することができません。この状態だとフルート初心者の頃に個人練習をしていた時と感じとしては同じです。これだといつまで経ってもフルートアンサンブルを楽しむレベルまではいけないので、まずは演奏しながらもっと周りを聴く余裕を持ってフルートの練習をできるようにしていかないといけません。そのためには、楽譜をある程度暗譜するようにしていく必要があると感じています。暗譜してあれば、フルート吹くときにもっと自分の音色や自分のフルートの演奏に集中できると思うのです。でも、それが今の段階ではできていないので、まずは自分のパートだけでも暗譜をすることをしていかないといけません。それが出来てきたら、もっとフルートを演奏していながら周りを聴いたりする余裕ができてくるはずです。そこを目指して日々のフルートの練習をしていってみようかと思っています。ひとまず、今フルートアンサンブルで練習している曲をしっかりと暗譜をして余裕を持って演奏出来るようにしていく予定です。