フルートの吹き方でバランスを取るのが課題

フルートアンサンブルをしている中で気になるのが、フルートアンサンブルの中でのフルート吹き方。特に、セカンドなどの内声部のパートに回った時のフルートの音色の作り方はいつも悩んでいます。どうしても自分で吹いていると音色がかたくなりやすいのですが、セカンドフルートが音を硬くしてしまう吹き方で吹くと、どうもフルートアンサンブルのバランスがうまく取れないのでだめなんです。だから、もう少し音色を全体的に変えられるといいのですが、今の私の吹き方だとそのあたりはまだうまくできません。もっとアンブシュアの柔軟性などでコントロールが出来ればいいのでしょうけれど、それも技術が必要なのでなかなか。ひとまず、今分かっているのは少しフルートの吹き方としては息の強さが強すぎるようなので、そのあたりを考えて練習をしてみようと思っています。

フルートアンサンブルの練習と違って

今日は時間もあったので、今フルートアンサンブルの練習でやっているベルとミューの4つの小品の4楽章の練習をしてます。この曲は私にとってはテクニック的にも難しい曲なので、メトロノームでテンポを落として練習をしています。なかなか難しいのは、フルートアンサンブルの練習と違って自分のパートだけで練習をするとどの部分か分からなくなることがあること。もっとユーチューブで音源を聴いて覚えないといけないなぁ。まだまだ覚えていないパートが多くて、個人練習でやっていてもわかりにくいところが多いから。あとは、どうも私はフルートでダブルタンギングをするのが苦手らしく、この楽章はそれが原因でうまくいっていないところが多いんですよね。フルートでダブルタンギングをすると、どうも音がばさばさしてきてきれいにタンギングが出来ないんですよ。これが今の私の一番の悩み。友人に相談したら息を使いすぎということだったので、もう少しブレスコントロールをしっかり出来るようにしていけばもっとダブルタンギングがきれいに出来るようになるのかな。基礎面が問題で曲がうまくいかないところが多いので、そのあたりをしっかりと意識して練習をしていこうと思います。

フルートアンサンブルを始めました

最近、久しぶりに昔フルート教室で一緒だった友人たちと再会したので、せっかくだからということでフルートアンサンブルを始めました。わりとみんな吹けるメンバーなので、曲もいろんな曲をやって楽しんでいます。まず最初に練習を始めたのは、ベルトミューのフルートトリオ。4つの小品かな。この曲、私的にはかなりお気に入りの曲で1度はやってみたかた曲だったから、結構嬉しくて毎日練習してます。個人的には、2楽章が好きなんですが、どの楽章もフルートアンサンブルの魅力がつまっていて大好きです。友人たちもこの曲は好きみたいで練習の時もとても和気あいあいとしています。フルートアンサンブルは仲の良い人とやらないとだめと言われてきましたが、たしかに仲の良いメンバーでやっていると合わせるのも合わせやすいですね。タイミングやバランスもとりやすいので、気の合った仲間でフルートアンサンブルするというのは、こんなに楽しいものだったんだと思っています。発表する場はまだ決まっていませんが、このまま練習を続けていきながらどこかで発表できたらいいなと思っています。